Best PracticesLiftoff Report広告クリエイティブ

Ruoji Tang by Ruoji Tang | 4月 13, 2022

2021年が「プライバシー保護」の年であったとすれば、2022年は広告クリエイティブの卓越性を示す年になるでしょう。AppleがIDFAの利用を制限し、GoogleがAndroidで同様のプライバシーに関する規制を進めていくことを発表し、アプリマーケターには、新しいオーディエンスにリーチするためのより優れた、より適切なクリエイティブを打ち出すことが求められます。

Liftoff + Vungleの2022年版モバイル広告クリエイティブインデックスでは、ゲーム、Eコマース、ファイナンス、エンターテインメントの4つの主要アプリのパフォーマンスを促進する傾向を調査し、バナー、インタースティシャル、プレイアブル、ネイティブ、動画の5つの主要な広告フォーマットについて、CPI、CPA、ROASの指標を分析しています。

また、本レポートでは、GameRefineryによる新たなインサイトに基づいて、ゲーム広告主がターゲット層に効果的にリーチできるようなデータをまとめています。ゲームユーザーのモチベーションにつながる12のきっかけの概要と、それらをパフォーマンスの高いクリエイティブに変換する方法についてのヒントを解説しています。

最後に、弊社のエキスパートによる独自のインサイトとベストプラクティスを紹介しています。
長年の経験をもとに、成果を上げるためのクリエイティブの傾向を評価し、特定のアプリの目標を達成するためのヒントをお伝えします。

レポートをダウンロード

このレポートは 日本語, 中国語, 英語, 韓国語, ポルトガル語, スペイン語でご覧いただけます。

レポートの概要:

  • 5つの広告フォーマットにおけるCPI、CPA、ROASの指
  • プレイヤーのモチベーションを高める12のきっかけの概要とその適用方法
  • ゲーム、ファイナンス、Eコマース、エンターテインメントの4つの分野における、異なる広告フォーマットがどのように機能するかを解説
  • クリエイティブエキスパートが語るベストプラクティス